津久井三姫物語(つくいさんひめものがたり)


蔵元 清水酒造株式会社
住所 津久井郡津久井町中野1322
電話 042−784−0020
種類 生酛仕込吟醸純米
代表銘柄 巌乃泉

由来

津久井町には、三人のお姫様の美しくも悲しい話が昔から伝わっています。

丹沢山塊に源を発し、町の東半分を貫流する串川(櫛川)に名を残す”櫛川姫”の悲恋 、戦国の世にさる国から追われ、丹沢山塊の麓を流れる神の川に身を投げた”折花姫”、南北朝の時代に、鎌倉から逃れ津久井の青山の寺で病をいやし、甲州へ落ちのびて行った”雛鶴姫”です。
 この津久井の地に生きた美しくも悲しい三人のお姫様の民話をテーマにして、 「津久井三姫物語」は開発されました。
 地酒の他にお菓子、組紐人形があります。

2つの三姫物語

「津久井三姫物語」の地酒は、津久井町にある2つの蔵元から同じ銘柄が発売されています。

「清水酒造」・・・代表銘柄「巌乃泉」の生酛仕込吟醸純米
「久保田酒造」・・・代表銘柄「相模灘」の純米吟醸
値段は2つとも同じです。

コメント

当初「久保田酒造」からしか出ていないと思い、蔵元に行ったところお休みでした。沈んだ気持ちで、観光センターに行ったら、これを見つけました。買ってしまったあとで、久保田酒造のも見つけました。
このお酒はくせがあります。甘口のお酒が好きな人にはよいのでは?