コラム


世界四大文明展

 こんにちは。朝晩がめっきり冷え込んできました。おまけにこの週末は天気まで悪いときてる・・皆さん風邪をひかないようにお気をつけください。
 さて、秋シリーズ”第二段”!?今回は少し「芸術の秋」を攻めてみたいと思います。

 NHKが「2000年・放送75周年事業」として、展覧会と番組の両面から「世界四大文明」を取り上げていたのをご存知の方がいるでしょう。夏頃からテレビの番組でかなーり取り上げてて、しかも東京・横浜の4美術館で一斉に四大文明展がスタートする・・と聞いたのは、ホントに偶然でした。今回は今までの「●●文明展」と規模もスケールも違うっ!!って思ったのです。しかも今回は全国巡業をあまりしない・・と聞いて、あ〜これは絶対に行くしかないかも〜!と決意しました(笑)

 世界四大文明といえば、「エジプト文明」「メソポタミア文明」「インダス文明」「黄河文明」・・小さい頃の記憶をすこーし巻戻すと小学校の歴史の授業で習ったことを思い出すかもしれません。この4つの文明・・だいたい時代は同じぐらいです。場所によって4つともさまざまな文化が繁栄していて、さまざまな遺構とかを写真で見て、「すごーい!!」と思ったものでした。わたしの古代史好きはきっとそんなところが根底にあるんでしょう(笑)

 さて、わたしは今日「エジプト文明展」を見てきました。4つの文明展が開催されてるけど、開催期間が全部違ってていちはやく「エジプト文明展」だけが終わってしまうのです。エジプト文明展は10月1日が最終でした。今日でなければもう見れない・・いそいそと名古屋から出かけていくあたり・・なんという根性なんでしょうね(笑)

 今回の展示会では、出展する展示物のうちの2/3が初めて日本に来るということでした。日本で見るよりも本家本元エジプトでそれらを見ることができたら・・もうなにもいうことはないけど(笑)これだけでも見た価値あるかもーなんて思ってしまったり。
 実際開催場所の国立博物館に行って見ると人・人・人のオンパレード!最終日というのも手伝ってるとは思うけど・・やはりエジプトってメジャーだもんね♪中に入るだけで50分待ちなんて初めてでした。年齢層も様々で、改めてエジプト人気ってものを思い知らされたって感じでした。中に入っても黒山の人だかりで、背の低いわたしには人の頭しか見えない・・ゆっくりと展示物を見て浸るなんてとてもじゃないっ!全部見終わった(さらっとしか見れなかった)ときにはもぅ・・ぐったり(汁)。博物館でゆっくりと時間を過ごせなかったのは初めてって感じで・・「あぁもっと早くに・・しかも平日に来るべきだった・・(T^T)」と今更後悔しても遅い・・って感じ。

 ただね、やっぱり初お目見えってだけはありますね♪今回の見所として有名なプスセンネス1世の黄金のマスク・・近くで見るとホントに精巧にできてるのがよ〜く分かるってモノです。さすがエジプトあの頃はホントに黄金がたくさんあったのね〜って思ったわよ。
 今回はミイラは展示されてなかったけど、その当時人間が蘇るって信じていて内臓などを「カノプスの壷」というものに収めて保管していたのよね・・今回それを目の当たりに見てみて・・去年の夏に公開された映画の「ハムナプトラ」を思い出してしまった(笑)あと、スカラベもね(笑)黄金の胸飾りにはしっかりと存在を確認できましたよ♪

 この展示会では銅像やヒエログリフなどが主に展示されていたけど、ホントにすごいモノを見てしまった!という感じでした。本当に人が多くてゆっくりと見れなかったのが悔やまれるけど・・でも、はるばる中部から見にきた甲斐はあったと思います。パピルスも買うことができたので、あたしとしてはめちゃご満悦〜♪という感じでした。

 エジプトは今日で終わりだけど、まだあと他の3つの文明展はちゃんと展示されています。日々めったに見れないシロモノだけに、一度見にいってみてはいかがでしょうか?ただ、最終日に見にいくのだけはホントに避けたほうが賢明ですよん(笑)

●四大文明
 http://www.nhk.or.jp/event/bunmei/

・メソポタミア文明展  世田谷美術館
 2000年8月5日(土)〜12月3日(日) 

・インダス文明展    東京都美術館
 2000年8月5日(土)〜12月3日(日) 

・中国文明展      横浜美術館
 2000年8月5日(土)〜11月5日(日)