コラム


花粉症対策

 こんにちは。先週まで暖かかったのに、またちょいと寒くなってきましたね。どうやらこの気温の変化でわたしは風邪をひいてしまったらしいです。くしゃみが頻繁に出るようになり、鼻水が止まらない始末。とうとう花粉症になってしまったのか・・・と少しどよーんとした気分になったんだけど、熱があったからぎりぎりセーフ!?みたいで少しホッとしている今日この頃です。

 さて、今年は去年よりもかなーり多くの花粉が飛んでいるとか。テレビで花粉情報を流しているのも毎年恒例になってきましたよね。外を歩いていると、マスクをした人を多く見かけるようになったのも花粉のせいでしょう・・・ってことで、今回は花粉症対策について少し書いてみたいと思います。

 皆さんは、遺物である物質(抗原)が体に入ると、抗原と結合してこれを無力化する事によって病気の発病を押さえる物質が体内で作られることを知ってますよね。それが抗体です。しかし、この一連の反応が過剰に起こることによって身体にとって有害な状態が生じる場合があります。これがアレルギーです。花粉症というのは、花粉が抗原となっておこるアレルギー、つまり鼻アレルギーなんですよね。

 花粉症による症状としては、花粉が鼻に入るとくしゃみ、鼻水、鼻づまりが起こります。眼に花粉が入ると眼がかゆくなり、また、涙も大量にでて、充血してきます。さらに症状が強いときは喉のかゆみ、咳、頭痛、微熱、だるさなどの症状に悩まされます。ま、こんなこと書かなくても皆さんご存知でしょう(笑。

 ということで、今回は花粉症対策について少し触れてみたいと思います。花粉症になると、薬を手放せなくなるとはよく聞くんだけど、薬ってやっぱり副作用がありますよね?ってことでなるべく副作用の出ない方法をちと調べてみました。

●鼻の症状には
・鼻の洗浄
 ぬるま湯に塩をとかして片方ずつ水を吸い込んで吹き出す方法です。コップ一杯程度くりかえすらしいです。わたしにはちょっと・・と思うかもしれませんが、溜まっていたものがすべて排出されると、鼻詰まりかなーり解消されて鼻水も出なくなるそうです。これは毎日寝る前に行いましょう。

 塩水というのに効果があるそうです。鼻詰まりだけでなく、だるさややる気が無い、頭痛などの症状にも効果が現れるので続けることが肝心です。

・メンソレータム、ミント等のハッカ類
 これは一時的に症状を抑える効果があるそうです。すごく痛いとは思うけど、メンソレータムを鼻の中に塗ると効果があるらしいです。ただし、持続性がないのが難点。症状が酷いときは、タイガーバームなどを鼻のまわりに塗ると効果てきめんらしいですよ。刺激が強いのでご注意を。

 また、ミント系のガムやすーっとする飴などは効果は小さいけど一時的に効果ありだそうです。

・花粉症に効くツボ
 頬にある迎香・鼻痛・印堂というツボや周辺を押してみて下さい。親指で2〜3秒強く押してから、パッと力を抜くのがコツ。これを繰り返すとだんだん鼻がすっきりとなってくるらしいです。

 また、耳たぶのやや上の部分に鼻を治すツボがあるそうです。この部分を指でゆっくりもみほぐしていると耳が熱くなってきて鼻のとおりがよくなるとか。

●眼の症状には
・眼の洗浄
 こちらもぬるま湯を用意し、湯の中に眼を付けて何度か瞬きをするそうです。あまり温度が熱いと視力に障害を及ぼすおそれがあるのでご注意を。
 会社とか学校とかの場合は、やはり目薬が有効でしょう。

・かゆみ対策(酷い人むけ)
 塩水(この場合は4%程度)をティッシュやタオルなどに含ませて、瞼や眼のまわりをふくと効果があるらしいです。但し、眼の中には絶対に入れないようにご注意を。

●全体の症状には
・漢方薬
 その人の体力によって薬がことなってくるので、官報に詳しい薬局などに相談したほうがいいみたいです。

「小青竜湯」
 水様性の鼻水、くしゃみ、眼のかゆみによく効くらしいです。覚醒作用もあるので眠くないってところがおすすめですね。

「葛根湯」
 鼻づまりで眠れないときに効果的だとか。わたしも熱風邪のときによく服用しています。これはやや体力がある人向き。 

「麻黄附子細辛湯」
 体力がなく寒気の感じる人に向いているとか。

「甜茶」
 飲み続けていると効果があるとか。甜茶成分の入ったサプリメントもあります。

・アロマテラピー
 近頃人気のアロマテラピー。諸症状に効くのは、エルダーフラワーのハーブティを飲むとよいらしいです。さらにローズヒップをブレンドするとより効果的だとか。ローズヒップは、粘膜や毛細血管の炎症を鎮める等の働きがあるんだそうです。

・逆療法
 目には目を、歯には歯をのたとえ通り、悪玉杉に善玉杉をぶつける方法です。スギの実のエキスを抽出し、体内に取り込む事によって、杉花粉の抵抗力が出来るらしいです。
 わたしが見つけたHPでは、杉の枝を煎じていました。長時間煎じていると、部屋の中に杉の香りが漂ってきて、森林浴をしている気分になったんだそうです。その後、爽やかな透明感を感じて、鼻詰まりが治り、眼のかゆみも消えたそうです。
 ある人は杉の実のエキスを抽出してそれを飲み、同じような結果になったとか。実際に原料を入手しないといけない・・という難しい方法ですが、ストレス解消にも役立っているらしいのでわたし的には試してみたい方法です。

 今回調べてみてびっくりしたのは、塩水が以外と効くということです。アトピーに海水が効くということで、実際にアトピーの治療法として使われているんだそうです。ただ、塩分の濃さに気をつければ効果ありなんだということを見つけました。

 花粉症だと分かった場合は、すぐに医師に相談することが肝心らしいです。ただ、薬にばかり頼っていると副作用にも問題あるし、摂取し続ければ薬は効かなくなってきます。できるだけ薬をとらない方法で、花粉症とむきあってみてくださいな。
 今年は去年の10倍の花粉が飛ぶそうです。花粉を部屋内に持ち込まないようにするのはもちろんのこと、いろんな方法で花粉症と戦いましょう。