コラム


夏の風物詩 花火♪

 こんにちわ。いやぁ〜毎日暑い日が続きますね。わたしの住んでいる岐阜はなんと38度を記録しました。ただ暑いだけならいいのだけど・・中部は湿気がめちゃめちゃ多いのです!過ごしにくいったら過ごしにくいったら・・。でもまぁ、ここんとこ二日間は過ごしやすい日が続いてますけどね。これ以上暑い日が続いたら・・きっと何をするのも嫌になるでしょう(笑)

 夏といえば・・海やらキャンプやらを思いだすかもしれないけど・・そんなイベントにもつきもの!?といえば、やっぱり花火でしょう♪今回は季節の旬モノってことで「花火」についてとりあげたいと思います。大音響とともに打ち上げられる花火・・。夜空に浮かぶ各種さまざまな花々はまさに芸術といっても過言じゃないですよね♪では、そんな花火はいつ頃どこの国で始まったのでしょうか??

●はじまりは中国から
 花火といえば、火薬ですよね。この火薬の原料となる硝石の歴史というのはけっこう古いのです。遠く秦の時代・・始皇帝ですな。始皇帝と言えば万里の長城ですが、ここの狼煙台で緊急連絡用として使われていたようです。
 その後、12世紀中期から後期にかけて、花火の原型となる爆竹やねずみ花火のようなものが作られて遊ばれていたみたいです。

●シルクロードからヨーロッパへ
 最初に花火を上げた国はイタリアでした。14世紀、フィレンツェで行われた聖ヨハネ祭で祝祭の際、火を吹く人形が見せものとしてあらわれたらしいです。
 その後花火はヨーロッパ全土に広まっていき、領主や貴族といった特権階級の人々が、権力の誇示を目的として花火を打ち上げるようになったそうです。
 17世紀になると、イギリスの国王ジェームスが、テムズ川南岸に世界最初の花火研究所を設立したみたいです。
 その後、各国で花火がいろいろと打ち上げられるようになりました。

●日本の花火の歴史
 では、日本における花火の歴史はどうでしょうか?織田信長が、安土城築城祝いに爆竹を使用したというのは記録に残されています。しかし、花火として日本人で初めて見たのは徳川家康だといわれています。1613年8月6日、イギリスと明国の商人が謁見した際、駿府城にて花火を打ち上げてみせたのがはじまりらしいです。 この時代の花火は大半が外国製だったようです。
 その後徳川吉宗の時代になると、享保の大飢饉の際、疫病による死者の慰霊と悪霊退散のために花火が打ち上げられたのが「両国の川開き」です。本当の意味での花火の始まりですね。花火が打ち上げられた時に「たまや〜」「かぎや〜」などという言葉を言いますが、これはこの川開き花火の発展に貢献してきた鍵屋・玉屋の花火師のことをさします。玉屋の花火が打ち上がった時は「たまや〜」と声が上がったのがきっかけみたいです。この辺りから花火が盛んになりました。
 明治維新以降になると、文明開化による貿易の活性化で新しい薬剤が外国から次々と日本に入り、赤・青・緑といった鮮やかな色を出せるようになったみたいです。
 大正・昭和になると、名花火師が全国各地で登場して、花火の研究がさかんになり、現在に至ります。

 今でこそ、日本の花火は世界に誇れる芸術として認められていますが、歴史は外国に比べると浅いですね。どれだけ一生懸命努力して花火の研究を重ねてきたかうかがわれますね♪

●代表的な花火の種類
・割物花火・小割物・ポカ物・昇り曲付き
 日本の伝統的な打ち上げ花火
  例)菊、牡丹、芯入り菊等
・新傾向の花火・型物
 従来の円形に開く花火の形にとらわれない斬新な技術と手法による花火
  例)ハート、スペード、蝶、ドラえもん等
・スターマイン
 速射連発花火。はいくつもの花火を組み合わせて連続的に打ち上げ、ひとつ のテーマを描き出すもの
  例)点滅物スターマイン、冠スターマイン等
・仕掛け花火
 闇の中に文字が浮かぶ、ロゴやイラストが出るなど
 例)ナイアガラ、虎の尾、水中もの等
・手筒花火
 竹筒に火薬を詰めて荒縄を巻いた手筒から上がる豪快な火柱

●よりよい花火鑑賞のために
・持っていくと便利なもの
 ビニールシート、双眼鏡、虫除けスプレー、プログラム、携帯電話など
・花火会場は広いです。待ち合わせ場所やトイレの場所などははやめに確認しておきましょう。
・混雑が予想されるので、交通手段は気をつけましょう。車などででかけるよりも公共交通機関等を使ったほう が早く帰れます。また、引き上げる時間を早めにするのもひとつの方法です。
 
 花火は夏の風物詩です。浴衣とうちわで古き江戸の時代を思い起こしてみるなんていうのもけっこうオツなものです。花火を見ながらビールを飲む・・・
「日本の夏だねぇ〜♪日本人にうまれてよかった〜♪」なんて言葉が浮かんでくるかも(笑)全国でいろんな花火大会が開催されているので、是非でかけてみてくださいな♪わたしは岐阜長良川の花火を見にいこうと思っています。台風到来で雨など降りませんように(笑)

日本の花火
 http://japan-fireworks.com/index.html

花火情報館
 http://www.hanabi.co.jp/